mini_killer


とあるDead by Daylight企画で描かせていただいた殺人鬼。
今はまっているオンラインのPvPのゲームがあるんですが
ファン同士で新キラーをみんなで考えよう、という企画があってそこに参加しました。
どちらかというと、仕様を考えるのが好きでそのゲームに習って以下を考えてみました。


メイン武器


ところどころに仕込まれた、あいまいな金属片によって組み立てられ、作られた皮製の牛追い鞭。
打ち所によって皮を裂く。ランダムな痛みをもたらす。

3m未満5m以内からの攻撃
生存者の痛みのゲージが蓄積されていく。
1回攻撃を受けると5%、2回目、10%、3回目、15%、破壊、修理行動に遅延をもたらす。
痛みのゲージが、最大限にまで蓄積された状態で走ると
5秒に一度、20%の確率でよろめくモーションを再生させ、チェイスを阻害する。
痛みのゲージが最大限になったときのみ、しゃがむと休息のコマンドが表示されるようになる。
5秒程度しゃがんだ状態でじっとしていれば、痛みが和らぎ、ゲージの段階を1段階ずつ減らすことができる。
しかし、走っている時間の総合時間が18秒を超えるたびに、休息に長い時間を要するようになる。
18秒ごとに、各フェーズに3秒ずつ加算される。


3m以内からの攻撃
通常攻撃につながる。攻撃を受けた生存者の出血量を10%増やす。


サブ装備


祝福を受けたフック

生存者がダウンした状態で、エンティティの助けをかりて
その場でフックを構築し、生存者を吊るすことができる。
・フック構築に3秒、フックを一度構築すると、その場からフックを解除することに、10秒を要する。
・フックのクールダウンに、60秒を要する。
・祝福を受けたフックに、吊るされた生存者は、状態にかかわらず第二段階の脱出不可能状態にまで陥る。(サクリファイスまで45秒)
・吊るされた生存者がほかの生存者によって解放された場合、助けた生存者とその双方が、3秒間強調表示される。
・このフックはあらゆる破壊行動を受けることはない。



固有パーク


鞭の花嫁


最初にであったサバイバーが強制的にObsession状態になる
パークによって、別生存者がObsession状態であった場合はそれを打ち消す。
Obsession状態になったサバイバーは、殺人鬼との距離が心音範囲内だった場合、どんな障害物を隔てても
その行動を5秒間、殺人鬼にあかさなくてはならない。(透けて見える状態)
クールダウンに10秒要する。
このパークはほかのどのパークからも邪魔されることはない。


吊り人の美学


フックに引っ掛けた生存者が逃走した際、また同じフックに引っ掛けることができれば
生存者の残りのゲージに影響を受けることなく、サクリファイスに至る。


花嫁の適正検査

フックに引っ掛けた生存者を、殺人鬼自ら解放することができる。
ただし、解放後、30秒間はその生存者をフックに吊るすことができない。
解放後、15秒間のみ、傷ついた状態で発見し、ダウンの一撃を与えたとしても、生存者はBorrowed Timeと同様の加護を受ける。
相手に選ばれた生存者は、痛みのゲージが最大まで蓄積された状態でフックから開放される。
30秒がたち、吊るせる状態になったとき、その生存者を15秒間強調表示する。


さいごに


正直実装してみたいです。
うまい具合に、上級者キラーになっているといいなあ、という感じです。

中距離型の、ドクターを参考にしています。
全体をみても、現在は中~遠距離の殺人鬼が多い気がしたので、追い詰めることができて
じわじわ楽しみたい人向けに作っています。
でもこれトーテムと合わせるとだいぶキツイでしょうね。
破壊できなければ、良い距離で切られたら、デフォルトで遅延パークつきみたいなものなので、ダブルパンチくらうかも。
その辺のバランスはこの殺人鬼に関しては考えてません。
正直、この殺人鬼オンリーでこのパークでいくならという仕様です。
初期マイケルみたいに、最初は無双でその後弱体化かなあ。